ふんわリッチに生きよう💛

ふんわリッチに💛らくーにハッピーに💛そんな日々をつづります。

●地獄谷野猿公苑で温泉に入るニホンザルのレポ~雪の中温泉に入るのは世界でここだけ!

こんにちは

 

f:id:happykonkatsu:20200210130303j:plain

 

昨日は長野市は雪がたくさん降って積もりました。

今年は暖冬で積もったのは2回目です。

なんとなく雪が積もるとウキウキする関西人です。

 

温泉に入るお猿さんって知っていますか?

長野県下高井郡山ノ内町の上林温泉の温泉地にある地獄谷野猿公苑にいる日本猿なんです。

 

ここは以前テレビで外国人観光客に大人気の観光スポットで、『温泉に入っているお猿さん』を観て行ってみたかったんです。

お猿さんが温泉に入るのって、世界でもここだけみたいで珍しいんですね。

雪の中、温泉につかる猿って、風情があっていいですよね。

冬でも気温によっては温泉に入らないこともあるそうで、ちょうど昨日は雪もたくさん降って、この寒さでは、お猿さん達はぜったいにあったかい温泉につかっているだろうといことで行ってきました^^

 

 

 

地獄谷野猿公苑とは

 

はじめに

 地獄谷野猿公苑は(外国人向けにはスノーモンキーパークっていいます)人里離れた山奥です。

山ノ内町には有名な志賀高原スキー場がありますから、長野市よりかなり雪が降り積もっていました。しかもパウダースノー。

 

長野市内から車で1時間くらい。

無料の駐車場に停めてしばらく歩き入口へ。

f:id:happykonkatsu:20200210121818j:plain

この入口から1・6キロ山道を歩きます。

1.6キロ・・・なだらかな山登りしているような感じ。

杉の並木道をもくもくと歩きます。

ご年配の方も、小さいお子さんも歩いています・・・ハイキングみたい。

すれ違う人の半分以上は外国人観光客でアジア系や欧米系の方といろいろ。

コロナウイルスの影響はあまりないのかな?

 

途中、木の枝から雪がどんと落ちてきて、周りが真っ白になったりして息子が笑っていました。

 

公苑の温泉はどんな感じ?

 

公苑内の温泉に着くと温泉の周りにはたくさんの人たち。

 

 

f:id:happykonkatsu:20200210131311j:plain

たくさんの外人さん

 

f:id:happykonkatsu:20200210133358p:plain

お猿さんが温泉に。

ここのお猿さんは、まったく人間に無関心です。

近くに来ても逃げることも怖がることもありません。

 

猿っていうと、大阪の箕面市に紅葉狩りで有名な箕面の滝に猿がいて、人間のお弁当とかとってしまうという凶暴なイメージがありました(昔の話ですが)。

だからびっくり。

 

私たちが見学させてもらっているんですね。

 

f:id:happykonkatsu:20200210131213j:plain

 

どうして山奥の公園にサルがいるの??

1950年代、農作物への被害が多くて駆除予定されていた日本猿だったそうです。

猿たちは戦後の林業や開発によって、住処や食料を失っていたんです。

 そこで、初代苑長が、猿を山に留めて、人間とのトラブルをおこさないようにするために、3年がかりで餌付けを成功させて人里離れた地獄谷に野猿公苑をつくったそうです。

50年も前につくられたのですね、素晴らしいです。

f:id:happykonkatsu:20200210131410j:plain

子猿が可愛い


公苑に猿が住んでいるのではなくて、このあたりの山に住んでいる野生の猿なんだそうです。

職員の方に聞くと餌はやっているそうです。

でも、餌付けは最低限にして、温泉に猿がやってきてもらうように試行錯誤したそうです。
 本来の生き方を損ねないようにされているのですね。

 

猿の餌やりショーもないというあっさりした感じがいいです。

観光客の餌やりはもちろん禁止です。

 

f:id:happykonkatsu:20200210131438j:plain

 ふわふわした冬毛が可愛いです。

 

何で猿が温泉に入るの?

 苑内の温泉は猿専用。

40度の源泉かけ流し温泉。硫黄のにおいが少しします。

人間は一緒には入れません。

猿はところかまわず排泄するので、衛生的に人間も一緒には入れないみたいです。

 

猿が温泉に入るのは、公苑近くの旅館の温泉に入ってきたのが始まりでした。

不衛生なので、公苑内にサル専門の温泉を作ったんですね。

 

パンフレットによると猿はもともと、温泉に入るには好きでないので、2,3割の温泉好きのお猿さんが入るそうです。

温泉好きって人間みたいや^^

しかも、メスと子供しか入らないという。

オスは見守りですかね。

 

おまけの動画。

 

終わりに

 こうやって、猿が人里に行かないで、たくさんの人がやってくる観光地にもなって、良い例だなぁと思いました。

日本全国で熊やイノシシや鹿なんかも人里にやってきて問題になっていますが、こうやって共存できればいいなぁ。

 

地獄谷野猿公苑は、滞在時間はさほど長くないと思います。

私は、歩く時間も含めても2時間以内でしょうか。

スキー旅行や観光の合間に行ってみてくださいね。

雪が降るのでスキーウェアで行かれてもいいですよ。

またレインコート来ている人もいましたし、私は傘があってよかったです。

靴も雪道は滑りますので、雪でも歩ける靴を履いていってくださいね。

 

春は桜がきれいで可愛い赤ちゃんが見られるのでその時行くのもいいなぁ。

 

長野駅東口、飯山駅から志賀高原行の急行バスが出て「スノーモンキーパーク」で降りてください。

また車では、上信越自動車道信州中野インターチェンジから20分。

上林温泉内の地獄谷野猿公苑駐車場は無料でした。(※渋温泉からの地獄谷駐車場は有料(普通車500円)です。)

 

 

 地獄谷野猿公苑

〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

℡ 0269-33-4379

営業時間 9:00~ 16:00 

サイトURL http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/