ずぼらでも愛され妻になるために♪

ずぼら~主婦でもどんどんハッピーにに過ごすための秘訣

●そのままで愛され女子になれる?

はじめまして

ゆきと申します。

はじめは私の自己紹介をさせてください。

 

私は長野県で夫と小学生の息子と暮らす40代の主婦です。

兵庫県出身の関西人です^^

 

夫は転勤族で関西に長く住んでいましたが、今年長野に転勤になり、家族で引っ越ししてきました。

自然が多いのんびりした長野の生活にも慣れ、楽しく暮らしています。

 

私は主人と結婚相談所のサイトで知り合い11年前に結婚しました。

まだ「婚活」ブームが始まるの前…今から15年くらいに婚活をはじめました。

 

(私の結婚式の写真を載せますね^^ ぼんやりした画像ですが、チャペルにて)

 

きっかけは、20代後半で結婚したいな、と思っていた彼氏にフラれたこと。

 

恋愛経験が少なく、内面も外見も自分に自信のない私は、もう誰とも結婚出来ないと思い込み、半年間、ご飯もろくに食べずに、泣き腫らしていました。

 

そんな時、当時流行っていた恋愛マニュアル本を知り、大きな衝撃を受けました。そのマニュアル本の内容は今となってはたくさんの疑問もありおススメしかねます。

が、本がきっかけで、幸せな結婚を目指す沢山の仲間が出来て、行動が変わり、そして人生が変わりました。

 

素敵な彼氏を見つける活動(婚活)って実はみんなやっているんだ・・・何もやっていないなんて嘘なんや~。

モテない女性じゃなくて、普通に彼氏がいそうな素敵な女性も結婚相談所に入るものなんだ。

 

それは私には目から鱗なことでした。

 自分に自信がない私は、見知らず男性なんかとデートするなんて恥ずかしくて怖くて出来ないと思っていました。

 

 けれど、そんな私も外見を磨き、心を整え、お見合いパーティー、ネットお見合い、結婚情報サービス・・・あらゆる婚活の場に赴き、2年で100名以上の男性とお見合いデートをしました。

 

婚活では断り、断られることは当たり前で傷つきました。

逆切れされて、嫌な思い、怖い思いをしたこともあります。

好きになれない人には好かれても、好きな人から好かれないジレンマもたくさん味わいました。

ようやく素敵な人に出会っても、結局は、上手くいかず、婚活を辞めようと思いました。

そんな諦めかけたころに今の主人と出会い、今に至ります。

決め手は色々な条件より、優しいところ、気が合うところでした。

 

(夫の手は丸っこいですね。TASAKIで購入したエンゲージ・マリッジリングです)

 

結婚したかったのは、「もう30歳だから早く結婚しなければ」という当時の世間の価値観に影響されていたから。

結婚出来ないのは恥ずかしいこと、という呪縛がありました。

実家の両親と不仲だったので、早く家から出たかったから。

そして、早く嫌な職場を辞めて専業主婦になりたかったのです。

 

 念願の専業主婦になった後、子どもが産まれました。

東日本大震災を期に夫は、2年間単身赴任になり家族は離れ離れ。

私と息子は実家に暮らしました。

 

子どもが好きじゃなかったですが、子育てを通して子供の可愛さに気づきました。

けれど、毎日怒鳴ってばかり。

大人しく過ごさず、何でも嫌がる息子。

てのかかる息子に悩むこともしょっちゅうでした。

 

夫も私もアラフォーなので、2人目を欲しいと特に思えず『あえてひとりっ子』に。

いや、いちど流産を経験したので、2人目を望んだらすぐに授かったのかは分かりませんが、あえてそうしました。

 

けれど、ひとりっ子にした罪悪感に悩むこともありました。

2人や3人、4人と子供を産んで、忙しくしているママさんを見て、「私はこんなに呑気に1人でいいのかな」と罪悪感を感じたり(自分で決めたのに)。

 

「上の子が下の子を見てくれて楽だよ」

「上の子が遊んでくれるから楽だよ」

「早く2人目産んだ方が楽だよ」

と聞くと、またまた罪悪感。

息子から、「弟が欲しい」と言われることもあるので、

申し訳ないな、と感じることもありました。

 

息子が幼稚園の頃は、ママ友との関係に悩みました。

転勤族で環境が変わり、知らない人たちの輪の中に入るのが怖くなりました。

幼稚園は一流企業や専門職についているご主人のいるママたち。

そしてお洒落で華やかで綺麗なママたち。

そんな輪の中に入るのが苦痛でした。

 

頑張って行動しても、上手くママ友が出来ないことに悩み、「私ってダメだな」と感じることもたくさんありました。

私だけ話しかけられずにランチすることもあったり傷つきました。

 

 

 家庭では、夫とは、大きな喧嘩をすることも時々あります。

「離婚だ!」なんてお互いに言い合って大きな喧嘩もありました。

私も伝えなければ分かってもらえないと思うので、

意見が衝突することがあるからです。

 

私は基本ネガティブに捉えてしまうところがあるのですが、

前向きな夫が助けてくれることが多いです。

夫婦は凸凹と言いますか、ぴったり合う人と巡り合っているのだな、と

感じています。

 

 

ママ友や子育て、夫婦関係、自分の性格について沢山悩んだことを通して、潜在意識や引き寄せなどの心のの勉強などをしはじめました。

心の勉強をすることで、無理することないかな、と思えるようになり、肩の力を抜いたらずいぶん楽になりました。

 

それでだいぶん生きやすくなりました。

 

子育ては自分育て。

育児は、育自。

 

なんていいますが、それを実践している最中です。

 笑顔育児が理想です^^

 

今は、

望む人生のために、自分に向き合い、心を整えて、歩んでいくこと。

克己心と言う言葉がありますが、己に打ち克つことが大切なのだな、と思います。

 

 

専業主婦も素晴らしい仕事。

家族の笑顔のために心地よい空間を作っているから。

けれど、息子も手がかからなくなり、やってみたいな、と思うことが見つかりました。

今までも何度かやってみたいな、と思うことがありましたが、挫折。

でも、挫折も学びになり成長出来たと思います。

今は、あることを将来お仕事としてやってみたいので、暗中模索状態ですが学び中。

 

 

私も結婚出来るんだ、ダメな女子じゃないんだ

イケてない過去は関係ないんだ

そのままの私を必要としてくれる人はいるんだ

いつからでも人生やり直せる、、今幸せを創れるんだ

 

 そのままで愛され女子になれるんだ

いつからでも、気持ちを切り替えれば大丈夫なんだ

 

そんなことを日々の暮らしの中からお伝えしていきたいです。

愛され女子になる秘訣を書いていきたいと思います。

 

一緒に愛され女子を目指しましょ!

 


(チャペルにて、指輪の交換をしました・・・緊張した~!!)