ずぼらでも愛され妻になるために♪

ずぼら~主婦でもどんどんハッピーにに過ごすための秘訣

●子供が骨折した時のマストアイテム

こんにちは ゆきです。

お住まいの地域の台風は大丈夫でしょうか?

 

 

 ・・・・・・・・・・

5月末息子が公園で自転車で転倒して左ひじを骨折しました。

自転車ってまだ2年生は危なっかしいな、と思ったら案の定でした。

 

引っ越しして早々で、土地勘もありません。

どこの病院へ行っていいか分からず、普通の整形外科へ行きました。

 

そこの病院で「うちではこの状態は診れない」と紹介された救急の総合病院からも「うちでは診れない、診てくれそうな病院を紹介する」と断れて、またまた違う総合病院を紹介されました。

 

翌日、最終的に最後に紹介された病院で検査。

左肘モンテジア骨折そして、後骨間神経麻痺も患い、指が動かないという重症でした。

すぐに緊急手術。

最初に行った整形外科では、神経は大丈夫って言われて、一晩痛み止めももらえず、息子は痛い想いをして過ごしたのに。

でも、手術した病院は整形外科が有名で、優しいしっかりした先生に手術してもらいました。

 

親としては、自分を責めますよね。

1年生までは自転車を友達と乗るなんて禁止していたのですが、新しい友達と楽しそうに過ごすのが嬉しかったので許していたんですね。

 

指は本当に動くようになるのか、すごく不安がありましたが、2週間くらいして少しつず指が動くようになりました。

今は肘は、ほぼ完治しました。

 

 

 ギプスで退院して、自宅でどうするか?

初めての骨折でしたが、「これいいよ~」というマストアイテムがあったので、

書いたみたいと思います。

 

骨折の必需品(左肘骨折の場合)

 

①アームホルダー

便利なアームフォルダー

入院時もらった三角巾。

結び方を教わったのに、すぐほどける・・・。

しっかり結んでも学校ではほどけて、先生に直してもらったそう。

 

看護師じゃないから、上手くできないなぁ。 

不便極まりない!

 

ちょうど息子の友人が幼稚園の時の時に骨折したことがあり、

その時使用していた手作りのアームフォルダーをお下がりで譲り受けました。

 

三角巾と違って、ほどけないし、すごく安定!

貰ってよかった!

 

 

②ギプス防水カバー

 退院時に、入浴の際は、ギプスに水が入らないようにポリ袋などでカバーして下さいと言われました。

しかし、ポリ袋とガムテープでぐるぐる巻きにしても、シャワーをして湯船につかってみると・・・ポリ袋に水が溜まっていました!

1か月は、洗えないので、ギプスに水が入るのは衛生的に良くない!

ネットで調べて、アマゾンでアーム用ギプス防水カバーを購入。

 

大変便利でした☆

 

1か月以上、ギプスが外れるまでこれらはとても重宝しました。

どうしてもっと早く買わなかったのか!と。

 

ギプス防水カバーは新品を1か月使いました。

水漏れはないか点検したら大丈夫。

しっかり洗浄したら、まだまだ綺麗綺麗。

でも、もう必要ない、どなたか必要な方に、ということで売ることにしました。

 

送料込みで2380円で購入した商品。

1200円でメルカリに出品しました。

そしたらすぐに売れました。

 

届いたらすごく便利で安く買えて良かったと喜んでくれました。

なんだか骨折という共通点があると、大変さも分かるし、いろいろメッセージのやり取りをしてしまいました(^^)

 

メルカリは、販売額が1万円以上じゃないと、振込手数料がかかるし、ポイントを消費したい方が多いので、何か欲しかったらまずメルカリで探すという人も多い。

そして1か月くらいしか使用しないものなんて、中古であれば買いますよね。

 

私はメルカリで中古のアームカバーを探してもなかったので新品を買いました。

でも、新品を買っても、1000円位は戻ってきたので、お得でした。

 

③肩掛けショルダーバッグ

ランドセルを背負えず、かばんで通学しても大丈夫と言うことで、こちらもネットで肩掛けショルダーバッグを購入しました。

メッセンジャーバッグって言うのですかね。

オンワードのポイントが貯まっていたので、ジェイプレスキッズのショルダーバッグを半額で買えました。

丈夫で教科書も給食セットもたくさん入ります。

ギプスをしても不自由なかったみたいです。

まぁ、全部教科書を持って帰ったら重いので、必要最低限のものを持って帰ってもらいましたが。

治った後も、習い事バッグになっています^^

f:id:happykonkatsu:20190911052912j:image

 

 

 この3点はとても便利でした。

 

1か月くらいの辛抱ですね、子どもが一番辛いのですが、親御さんもお疲れならないように。

親も子も負担なく骨折の時間を過ごせるようになりますように。