ずぼらでも愛され妻になるために♪

ずぼら~主婦でもどんどんハッピーにに過ごすための秘訣

●やっぱりチェスティ

こんばんは ゆきです。

 

昔、好きだったアパレルブランド。

 

それはChesty (チェスティ)。

 

習い事でチェスティやフォクシーが好きな人がけっこういて、「どんなブランドかな」と思い神戸にある唯一の実店舗をのぞいたのがきっかけ。

(フォクシーは高価で私には手が出ませんです~。)

 

関西に住んでいた時は、よく行ったものです。

蝶々や小鳥、お花のシノワズリな雰囲気が可愛い店内。

そして可愛いお洋服。

お花の刺繍やリボン、ビジューがついた華やかなお洋服。

手が出ないほどのお値段で無いのも魅力。

 

見ているだけで、大好きなテイストにウキウキしていました。

有名な可愛い店員さんがいたりして、「可愛く着て下さってありがとうございます」

なんて言われて嬉しくなったりしました。

 

プレスの方やモデルの方も、西宮に住んでいた時は、習い事やショッピングモールでお子さんと一緒の所をお見かけしました。

あぁ普通にママなんやな~。

でも一般人の綺麗なママより、更に更に綺麗でした。

 

そんな大好きだったチェスティも、子どもが大きくなり、40代になると・・・

普段着には勿体なくて、お出かけには可愛すぎて、卒業しました。

単品だったらアラフォーでも着れるので、またいつか着たりして^^

 

関西を離れて半年。

今住んでいる街では、誰もチェスティを着ている人を見かけません。

ファミリアのバッグを持ったママたちも見かけません。

文化の違い、地域の違いですね。

そんな時、ちょっぴり寂しい元兵庫県人であり関西人です。

 

着なくなったものは、メルカリに出します。

チェスティの服は、ファンがいるので、確実に売れるということ。

中古でも半額、3分の1や4分の1の値段で売れるな、と。

だから、ノーブランドの服や無名の服よりは損しないと思います。

 

メルカリに出品した大好きワンピース、30代の頃(今は着れない)。

ラブリーな洋服が好きだったのです・・・(今は違う)。

8000円で売れる

7500円で売れる

4500円で売れる

5500円で売れる

こんな感じで売れました。

同じ人が買ってくれた時もありました。

 

 

いくつになっても女性は女の子であります。

ワクワクやトキメキって、嬉しい☆

 

またチェスティのような「可愛い!」「着たい」って、ワクワクするような服に出会いたいなぁ。

 

そうそう、人との出会いでも。

そのためには、自分が自分を好きでいること。

自分のワクワクやトキメキを受け入れてあげること。

 

そう思います^^